ワークショップの整理に便利!アプリ「ポストイットプラス」が意外に使える!




みなさんは、ポストイット(付箋紙)を使ったことがありますか?
 
ほとんどの人が使ったことのある、この付箋紙。今では、100均でもスーパーでも手に入る手軽なもの。
 
最近では、エバーノートとの連携などもできるようになり、デジタルとの融合も進んでいます。

 

 

ここにきて、また便利なアプリを発見!
 
「Post-it Plus」(ポストイットプラス)というもので、3M社が開発したもの。
 

androidでもiosでも無料でダウンロード(一部制限有り)できます。

 
 
つい先日もワークショップをしたものをまとめるときに、大活躍したので、みなさんにご紹介しておきます。

 
使い方は、極めてシンプル。
 
  
「模造紙に貼りつけた付箋紙を並べて、アプリで写真を撮影する」だけです。

 

IMG_0534
 

  
写真を撮影すると、自動的に1枚1枚の付箋紙が認識されますので、間違いがないか確認をします(認識されていない付箋紙があった場合は、タップすることで補正されます)。

 
その後、必要に応じていくつかの「加工」を行います。
並べ替えを選択します。
 
 
図1
 

 
並べ替えの方法は、微調整による「整列」か付箋紙の色ごとによる「並べ替え」ができます。

  
図2

 
 
 
テキストやフリーハンドによる記入もできます。

 
IMG_0540
  
 

 
保存方法を選択します。
 
「シェア」して、ツイッターやフェイスブック、エバーノートなどへ送ることができます。
  
 
また便利なのが、PDFやパワーポイント、エクセル、ZIPファイルなどにもエクスポートできます。

 

IMG_0536
  

 
エクセルで整理したい時などは、エクセルにエクスポートして、加工することができます。(元画像も別シートにて添付されているので、参照もできます)

 

注意する点としては、
 
 

● 文字は大きく、丁寧に書いてもらうようにすること。
● 重ならないように貼ってもらうこと。
● 項目も付箋紙に書いてもらうこと。
 (模造紙に直接書いた文字は認識されない)、
● 粘着力の強い付箋紙をなるべく使う
 (付箋紙の下側が反り返ると、正しく認識しにくい)

 
ぐらいですね。

 
  
もしかしたら、これエバーノートに保存して、「文字認識機能」を使えば、以後、検索ができるようになるかもしれないですね。

 

 
NPOの現場では、よくワークショップをする機会があります。
 
ついつい「やること」に力を入れ過ぎてしまって、集まった模造紙や付箋紙の整理ができず、丸めて眠らせてしまってしまうこともあります。

 
今回のアプリは、「写真を撮る」ことができれば、事後の整理が楽になるので、一度活用してみてはいかがでしょうか。

 

 
 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

浜田 規史

愛媛県八幡浜市生まれ。山口大学卒。 高校時代に商店街活性化を目的にしたお店「AKIND」(あきんど)を開店したことがきっかけで、地元が大好きになる。 大学卒業後、帰郷し地域金融機関に勤める傍ら、八幡浜を元気にすることを目的にした「NPO法人八幡浜元気プロジェクト」の代表、ローカルWEBメディア「KITONARU」編集長などを務める。