その人しかできない“時間の価値”が高まっていく!時間を売買できるサービス「タイムバンク」がきた!




「タイムバンク」というサービスが㈱メタップスから発表されましたね〜!

 

 

このサービスは、簡単に言うと、個人の「時間」を売り買いできるWEBサービス。

 

新たな「時間市場」を創出しようとしている壮大な取り組みです。

 

「VALU」同様、発行者の信頼性・将来性にもとづき、「時間を買う」、「時間を使う」、「時間を売る」ということができるものですね。

 

 

タイムバンク」のミッションとしては3つ。

 

一つ目が「個人が主役の経済」

 

「個人が主役」というのは、これからますます進んでいくでしょう。

 

複業、パラレルキャリアもそうですが……自分の「強み」というのが活かせる(発揮)できる人が強くなってくる……

 

より専門性を高めたり、尖った武器(能力)を持っている人の価値が高まってくる気がします。

 

つまり、「その人にかできない」っていう価値ということになりますね〜

 

 

2つ目が、「時間を通貨とする経済」

 

正社員が極端に少なくなり、一人ひとりが自立しながら、複数の仕事(業)を行うようになった時に、今以上に時間の価値が高まるでしょう。

 

だって、今の複業は、その人本人の裁量(努力)によるものが多いじゃないですか。

 

クラウドソーシングや営業活動とか…自分で「業(仕事)を取り(作り)、自分の時間の配分を決めている」割合が多いと思うんです。

 

しかし、正社員の数が減り、専門的なことは外部に依頼することが当たり前になると、

能力のある人の時間って、さらに奪い合いになっちゃう。

 

つまり、その人にしかできない「その時間の価値」が高まっていく……ということになるんじゃないかと。

 

 

3つ目が「経済を選べる時代」

 

なんかピンとこない人もいるかもしれないですが、

 

これってきっと、従来の「円通貨によるお金」の経済ではなく、タイムバンクによる時間」の経済を選ぶことができるようになるということ。

 

NPOやボランティアの活動も、「タイムバンクによる時間」という経済の中では、ちゃんと評価される(価値換算される)ということになってくると思います。

 

 

その中でも、「タイムオーナー」という選択肢はおもしろいですね。

 

時間の価値が高まっていくとう感覚…どのようになるのでしょうか。

 

 

私たち一人ひとりに、平等に与えられる24時間。

 

だけど、本質的には一人ひとりの、「その1時間の価値」は違う。

 

だれかの3時間に匹敵されることだってありえるんですよね。

 

今後は、自分の時間や調達した相手の時間を、自分を含めて誰に(何に)使うのかを拘るようになる気がするんですよね……

 

社会貢献の活動に使うのもいいし、複業に使うのもいい、もちろん遊ぶのもいい……

 

その一つひとつの活動の価値がはっきりしていくる気がします。

 

 

理想ですが、

一人ひとりが1時間の価値を高めていくことにつながると、世の中全体の価値(生産性)って、もっと高くなっていくのかもしれないですね。

 

ぼくは、個人的にはそういう点に期待しています。

 

 

ということで、現在、「時間発行を申請」の受付中のよう。

 

 

2017年秋開始に向けて、いち早く申請してみてはいかがでしょうか。

 

 

ちなみに、ぼくは、偏差値が足りませんでした……

正式リリースまでに、もっと「影響力」を高めていかないといけないですね(笑)







ABOUTこの記事をかいた人

浜田 規史

愛媛県八幡浜市生まれ。山口大学卒。 高校時代に商店街活性化を目的にしたお店「AKIND」(あきんど)を開店したことがきっかけで、地元が大好きになる。 大学卒業後、帰郷し地域金融機関に勤める傍ら、八幡浜を元気にすることを目的にした「NPO法人八幡浜元気プロジェクト」の代表、ローカルWEBメディア「KITONARU」編集長などを務める。