【まとめ記事】NPOでも使いたい!使ってよかったネット印刷オススメ業者




最近は、チラシやポスターも自分で作れるようになりましたよね。

近くにある印刷所にお願いするのも一つの手ですが、「予算的に厳しい」っていう場合も多くあります。

そんな時は、思い切って、「ネット印刷」にお願いしてみてはどうでしょうか。

実は、インターネット上から注文すると、大変安く印刷ができるので、オススメです。

かくいう、ぼくもよく自分で作って、印刷だけお願いすることも多いです。

ということで、今回は、実際に使ってよかった「ネット印刷」の業者さんを紹介します。

 

印刷種類の豊富な「ラクスル」

 

ラクスルは、ネット印刷大手で、使い勝手いいのでぼくもよく使っています。

特に、「チラシ・フライヤー」、「ポスター」、「冊子・カタログ」、「名刺」などの印刷が使いやすいですよ。

納期を長めに取れるなら、とても安く注文できます。品質は、全国の印刷業者さんの空き時間を利用していることもあり、全く問題ありません。

また、取り扱っている印刷物が豊富であるのも特徴です(どんどん増えています)。

こんな感じで印刷物が豊富です!

最近では、デザインサービスやDM(ダイレクトメール)やポスティング、新聞折込などもしてくれるんですよね〜! なんて便利なんだろう……。

 

割引・特典多い「プリントパック」

ここは、値段やサービスはラクスルとそうは変わりませんが、「キャンペーン」が多い印象です。

時々ホームページを覗くと、「期間限定割引」などもしていますよ。

ぼくがたまたま見たときには、名刺が100枚270円(送料・税込)というのがありました。

また、全国の自社工場で製造(印刷)、東京・大阪に窓口を持っているという安心感があります。

もしわからなければ、CD-ROMの持ち込みもできるようですよ。

 

質や手法にこだわるなら「グラフィック」

もともとは、デザイン会社等がよく使っていたネット印刷会社のようです。

なので、自由度の高い印刷物などに対応しています。ダンボールなどのパッケージ制作(試作)にも対応しているところが素晴らしいですね。こんな商品(パッケージ)作りたいんだけどなぁ…と思ったら、グラフィック一択かもしれません。

オプションとして、印刷手法も様々あるので、質にこだわって印刷したい場合はオススメです。

以前は、Officeファイル(データ)での入稿ができませんでしたが、現在は可能となっており、Illustratorなど苦手な個人でも注文が可能になりましたよ。

 

使い勝手が抜群にいい「アスクルスピードプリントセンター」

アクスルは、法人向けオフィス用品を専門に扱う業者だけど、その中にも【アスクルスピードプリントセンター】というのがあります。

法人向けですが、NPO法人も登録すれば使えます。印刷できる種類は限られるけど、アスクルと同様のUI(ユーザーインターフェース)なので、使いやすいですよ。

アスクルをよく使っている方は、オススメします。

 

安さと速さなら「プリスタ」

プリスタでは名刺印刷が業界最安の100枚140円~にて印刷可能というのが最大の特徴。

最短当日発送、大阪市内であれば当日中のお届けも可能のようです。

安さと速さを求めるなら、『プリスタ。』
激安名刺印刷!!100枚88円~
期間限定最安キャンペーン実施中!大阪市内なら当日お届け。用紙も豊富で高品質!
で間違いないですね。

 

ノベルティを作るなら「ビスタプリント」

名刺、販促グッズ、フォトブック、マグカップやTシャツなど80個以上の製品がすべてカスタマイズ可能というのが特色。なので、団体オリジナルのノベルティをつくるときなどは、役に立ちますよ。

独自の印刷技術により、高品質かつ格安で注文できるのもいいところ(一律500円の送料)。

もちろん、新価格!チラシ 100枚1,780円~。

テンプレート利用でラクラク作成
というのもうれしいですね。

ぼくは一度使ったんですが、手軽る過ぎてまた使いたくなりますね。

 

NPOにおすすめのポイント(まとめ)

ぼくが、NPOで使う時は次のポイントで判断しています。

その時の状況によりますが、このポイントは、後々のことを考えたら、意識しておいた方がいいと思いますよ。

① 入稿しやすいデータ形式か
② 再注文しやすいか
③ 納期・値段が妥当か
④ 各種書類(請求書・領収書など)の発行ができるか

その点では、一番バランスよく、使いやすいのは、「ラクスル」、

名刺に特化して、安く・早く印刷するなら、「プリスタ」、

ユニフォーム、ノベルティなら、「ビスタプリント」がぼくの今のオススメです。

一度、みなさんも使ってみてはいかがでしょうか。







ABOUTこの記事をかいた人

浜田 規史

愛媛県八幡浜市生まれ。山口大学卒。 高校時代に商店街活性化を目的にしたお店「AKIND」(あきんど)を開店したことがきっかけで、地元が大好きになる。 大学卒業後、帰郷し地域金融機関に勤める傍ら、八幡浜を元気にすることを目的にした「NPO法人八幡浜元気プロジェクト」の代表、ローカルWEBメディア「KITONARU」編集長などを務める。