ブログやプレゼンの印象が向上!ココナラ(coconala)でオリジナルの似顔絵・イラストを制作してもらったよ!




みなさんは、ブログやプレゼンで使う「似顔絵」を持っていますか?

ブログやプレゼンで使う画像は、フリー素材のイラストなども使えますが、より親近感が湧くのは、やっぱりオリジナルの「似顔絵」です。

「似顔絵」を描いてもらうとなると、印刷会社やデザイン会社に頼むのが普通ですが、かなり値段が張るもの。

会社によっては、10,000円〜30,000円近く必要な場合もあります。

今回は、予算的にも厳しいけど、「ブログやプレゼンの印象が上がる、自分の似顔絵が欲しい」という人に、とっておきの方法をお伝えしますね。

ぜひ最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

 

「ココナラ(coconala)」に登録する

ココナラ(coconala)」というWEBサイトがあるんですけど、今回、会員登録をして使ってみました。

この「ココナラ(coconala)」というサービスは……

ココナラは、「知識・スキル・経験」を売り買いできるフリーマーケットです。
「忙しくて手が回らない」「プロに頼む予算がない」「相談できる相手がいない」・・・
そんな悩みが解決される場所、それがココナラです。
ココナラでは、友達にお願いをするように「得意な何か」をやってもらえる人に出会えます。
やり取りは1対1で非公開、匿名も可能です。

そんなサービスです。



つまり、自分では「似顔絵書けないけど、誰かに描いてもらえないかなぁ〜」と思ったら、「描いてくれる人を探して、依頼する」プラットフォームサービスになりますよ。

依頼する相手が見つかったら、条件を確認して「購入」する手続きに移り、専用のトークルームでのやり取りが始まります。

ざっくりとは、こんな手順を踏んでいきますよ。

こんなジャンルが人気です!

・アイコン作成
・似顔絵作成
・美容・ファッション
・占い
・ロゴの作成・デザイン

 

「似顔絵」を描いてくれる人を探す

「似顔絵」のジャンルで検索すると、現在1,200人もの登録があります。

 

そこから、「価格」や「納期」などで絞り込みます。
ぼくの場合は、「納期」は気にしないので選択せず、価格は1万円以内にしました。

絞り込まれた中から、「評価件数」や「評価」の星の数、そして、その作者の「テイスト」を見ていきます。

特に大事なのは「テイスト」

自分が思うテイストの作者にお願いしないと、出来上がったものに満足できない可能性があるので要注意です。

作者ごとに、得意なテイストがあるので、それを各ページを開いて、過去実績などを見ていくことが必要です)

そういう僕は、

ぼく
このプロフィール写真を使って、カワイイ感じのイラストにしてもらいたいなぁ…

という要望があったので、「とくさん」にお願いをしました。

決め手は、先ほどにも書きましたが「テイストが気に入ったから」です。

 

 

専用のトークルームで要望を伝える

購入・決済が完了すると、専用のトークルームが開設されます。

ここでは、基本的に1対1でのやり取りができます。

「こんな風に作ってください」、「この写真を参考にしてください」…などと個別具体的にお願いするのがこの場所になります。

 

 

こんな感じでやり取りしていきます。
ここで、ちゃんと伝えておかないと、後でトラブルになるので、注意。

決して、「後出しジャンケン」にならいよう、気をつけてくださいね。

 

似顔絵が納品される

数日後、「似顔絵ができました」というメッセージが届きました。

「とくさん」の場合は、2日内で納品してくださいました。

出来上がった似顔絵はこんな感じ。

この写真を元に描いて貰ったのですが、いい感じに仕上げていただいています。

基本的に、「ノークレーム・ノーリターン」だったので、このまま「評価・感想」を入力して、トークルームをクローズドします。

もし仮に、「もっとこれをして欲しい」とか「おひねり」をしたい時は、トークルームをクローズドする前にしておきましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

意外に簡単だと思われたのじゃないかと思います。

今回初めての利用でしたが、ぼく的には、価格・品質ともに、大満足の似顔絵が出来上がりました。

自分のブログやプレゼン資料で、サラッと使ってみると、オリジナル感が増し、印象が残りやすくなります。

自分の写真は載せるの抵抗あるな……という人は、ぜひこの機会に「似顔絵」を作ってみてはいかがでしょうか。

今後、追加の発注やチラシやロゴ、WEBの相談などをしていくこともありですね……

まずは、ココナラ(coconala)」に登録しておきましょう(Facebook連携で簡単にできますよ)。









ABOUTこの記事をかいた人

浜田 規史

愛媛県八幡浜市生まれ。山口大学卒。 高校時代に商店街活性化を目的にしたお店「AKIND」(あきんど)を開店したことがきっかけで、地元が大好きになる。 大学卒業後、帰郷し地域金融機関に勤める傍ら、八幡浜を元気にすることを目的にした「NPO法人八幡浜元気プロジェクト」の代表、ローカルWEBメディア「KITONARU」編集長などを務める。