100円のチカラ




ドネーション」という言葉は知っているだろうか。

直訳すると「寄付」という意味になる。

先日、八幡浜みなっと(みなと交流館)で行われた「まち育てプレゼンテーション」では、4つのプロジェクトが住民の皆さんにプレゼンテーションを実施。

参加住民の皆さんから共感を得るだけでなく、「応援券」を多数いただいた。

応援券は、プレゼンテーション当日、100円1枚で購入できる。

プレゼンテーションを見て、応援したい団体にその「応援券」を渡すシクミである。

ドネーション応援箱

今回の方式は、さかのぼると、平成21年にYGPが実施した「ドネーションパーティ」がはじまり。

「意志あるお金を、意志ある人へ」届けるシクミとして、当時愛媛県内で初の実施となった。

団体・プロジェクトのことを知り、自分の評価基準や価値観で、応援したい団体に寄付する。

共同募金等は違い、自分で使い道を決めれるところがミソである。

実は、このドネーションパーティの効果は、「お金がもらえる」だけではないのだが、そのへんは、また次の記事に回すとして。

 

今年は、以下の通り、配分が行われることになった。

たくさんの意志ある100円が、プロジェクトのチカラとなる!

 

① 浜っ子育成プロジェクト・・・・・・43枚
② 88プロジェクト・・・・・・・・・37枚
③ かまぼこ板打瀬舟プロジェクト・・・40枚
④ 八幡浜お手伝いプロジェクト・・・・33枚
合計・・・・・・・・・・・・・・・・・153枚







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

浜田 規史

愛媛県八幡浜市生まれ。山口大学卒。 高校時代に商店街活性化を目的にしたお店「AKIND」(あきんど)を開店したことがきっかけで、地元が大好きになる。 大学卒業後、帰郷し地域金融機関に勤める傍ら、八幡浜を元気にすることを目的にした「NPO法人八幡浜元気プロジェクト」の代表、ローカルWEBメディア「KITONARU」編集長などを務める。