笑顔の三大効果




笑顔には3つの効果があると言われている。

① 融和効果

打ち解けて親しくなること。笑顔になると、警戒感が解けて、相手のとの話が進んだり、お互い突っ込んだ話ができたりする。

みなさんも、笑顔の人には、なぜか自然に親しくなる(親しみを感じられる)ことがあると思う。

まさに、これ!「融和」の効果が笑顔にある。

 

② 伝染効果

笑顔が伝わる効果。笑顔の人を見ると、こちらも笑顔になる。どんなことを考えて笑顔になっていようが関係なく、相手の笑った顔を見ると、あまり悪い気持ちはしない(よっぽど捻くれていなければ)。

笑顔が人をつなぐというのは、これ! 笑顔が人から人へとつながるんですね。 笑顔の人の周りには、笑顔が集まる。団体とかの雰囲気を見るとすぐわかるところです。

 

③ 緊張緩和効果

緊張すればするほど、笑顔って消えていくけれど、人の笑顔を見ると、緊張が解れる。あ、こっちも笑っていいんだーと。

解放される感じがこの効果。 緊張が解れると、話も進むし、商談もうまくいく。

人の顔を解放!笑顔はホッとリラックスさせる効果もあるようです。

 

笑顔の三大効果

 

人は、人がいないと生きていけない生きもの。

その反面、価値観の違う人同士が交わることも多い社会。互いに気を遣い合っているのも事実。

ずっと笑顔にはなれないけれど、険悪になったときこそ、「笑顔」で終わり、引きずらないようにしたい。

お互いが気持ちよく、過ごすためにも、一緒に笑ったり、一方的に笑ったり、意識的に「笑顔」を取り入れて、「自然」な「笑顔」を作り上げたい。

一人一人の笑顔が、まちに笑顔を広げることにつながる。

大切にしたいキーワードです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

浜田 規史

愛媛県八幡浜市生まれ。山口大学卒。 高校時代に商店街活性化を目的にしたお店「AKIND」(あきんど)を開店したことがきっかけで、地元が大好きになる。 大学卒業後、帰郷し地域金融機関に勤める傍ら、八幡浜を元気にすることを目的にした「NPO法人八幡浜元気プロジェクト」の代表、ローカルWEBメディア「KITONARU」編集長などを務める。