恋愛とNPO活動が両立できない-僕のわがままなライフバランス




先日の飲み会のテーマ。「恋愛をすると、NPOの活動ができなくなるのか」ということ。
僕は、仕事とNPOの両立はできているつもりですが、恋愛とNPOとの両立はうまくいった試しがありません。

僕は、そんなに器用な方ではないし、自分のペースを乱されたくない典型的なB型気質。
仕事は、時間的な制約を受けますが、給与をいただけるということで、その中で割り切りながら行い、仕事が終わればNPO活動に注力する、といったようにON・OFFを切り替えながらやっています。

恋愛ともなると、OFFの領域になるわけなのですが、NPO活動が僕のライフワークの中心になりすぎていて、そこに入る余地がありません。
いえ、正確に言うと、その領域に入れたいと思っていない、ペースを乱されたくないと思っているのが正直なところ。

こんなこと書いちゃうと、「一生一人でいれば!?」って言われそうですが、その道の先輩方は、見事に両立されておられます。
僕の知っているNPOの先輩は、夫婦でNPO活動をしている方もいれば、全然違うことをされている方もいらっしゃいます。

93d6913da963d3f66cf705fb653660d0_m

なぜ、うまく続いているのでしょうか?

そんな議論の中で、「何をしているのかを相手に伝える努力を怠らない」というひとつの結論が出ました。
もちろん、これだけではないのですが、パートナーとなる相手がNPOの活動に全然興味がないような場合だと、伝えることすらやりたくないのですが、ここを丁寧に伝えておくことが大事なんでしょう。
その上で、一緒にNPOの活動に来るのもいいし、来ないのもいいわけです。

僕なんかは、来てもらうのも嬉しいけど、適度な距離感で、後ろから応援して欲しいと思うタイプです。
変にNPO活動の内部にパートナーがいると、言いたいことも言えないと思っているから。

ということで、恋愛・結婚というイメージは持ちつつも、僕は今すぐにはしません。
周りがどんどん結婚するし、世間体などもありますが、関係ないです(強気)。

だって、寂しいときに、飲みに付き合ってくれる素敵な仲間に恵まれてるし、満足なのです(強がり)。

恋愛はシェアできないけど、ココロザシはシェアできる。そしてそんな仲間とともに、新たな社会をつくる。
今は、そんなことにワクワクしているし、打ち込む時なのかもしれません。

  
 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

nokkun1230

愛媛県八幡浜市生まれ。山口大学卒。 高校時代に商店街活性化を目的にしたお店「AKIND」(あきんど)を開店したことがきっかけで、地元が大好きになる。 大学卒業後、帰郷し地域金融機関に勤める傍ら、八幡浜を元気にすることを目的にした「NPO法人八幡浜元気プロジェクト」の代表、ローカルWEBメディア「KITONARU」編集長などを務める。