お金だけじゃない-愛媛版クラウドファンディング「えひめSeeD」がすごい!




愛媛版クラウドファンディングサイト「えひめSeeD」。愛媛を豊かにするホンキアイデアを応援するサイトとしてオープンし、現在いくつものプロジェクトが掲載されています。

クラウドファンディングサイトは、全国規模で展開している「READY FOR?」とか「CAMPFIRE」、「FAAVO」、「JustGiving」が有名ですが、地元愛媛でも、NPO法人えひめリソースセンターさんが運営しています。
 

えひめSeeDサイト

この「えひめSeeD」には、宮城県の石巻にある特別養護老人ホームで、お年寄りと子供たちと一緒にかまぼこ板を使ったアートイベントを実施し、愛媛と石巻をかまぼこ板アートでつなぐプロジェクトやJR下灘駅に復刻看板を設置するプロジェクトなどが掲載。

▼ かまぼこ板を使ったアートイベントのプロジェクト

かまぼこ板で東北をつなぐ

▼ JR下灘駅の復刻看板設置のプロジェクト

下灘駅

どれも、愛媛の人が提案するプロジェクトとして動きだし、応援を求めています(一部終了したプロジェクトも有り)。

応援の方法は、以下の図の通り。

応援の流れ

会員登録後、応援したいプロジェクトを選択。寄付金額を1,000円から選択することができます。
達成非達成に関わらず、そのお金は、そのプロジェクトに寄付される仕組みです。
また、「えひめSeeD」は、お金以外にも「ヒト」、「モノ」、「場所」の提供も受け付けています。
寄付だけじゃない、多様な応援の方法をメニューとして用意しているのはすごいですね。

実際の活動の現場では、お金よりも、「ヒト」の紹介が必要だったり、事務所として使える「場所」が欲しかったりしますからねー!
活動の現場を知っているNPOならではの、至れり尽くせりのサイト設計です。

それに、NPO法人えひめリソースセンターさんは、愛媛を豊かにする「本気アイデアプレゼンテーションSeeD」という場をもっており、プロジェクトをしたい人が実際の場で参加者にプレゼンをする機会が用意されています。もちろんこの実際の場でも、500円一口からの寄付や「ヒト」、「モノ」、「場所」の提供意思を表明することができます。

本気アイデアプレゼンテーション

クラウド上だけでなく、実際のプレゼンテーションの場を用意しているところが新しいです。
そのプレゼンテーションに、先日僕も参加してきたのですが、みなさんホンキです!熱気がムンムンしています。
そこらへんの様子は、また別途紹介するとしても、この連動の仕組みはいいですね!

プロジェクト量産・創造・育成を図っていこうとしている私たちYGPとの親和性も高く、連携をどんどんしていきたいと思ってます。

「労力の提供」だけではなく、「ヒト」、「モノ」、「場所」などの情報の提供、そして「寄付」を仲介する素晴らしいサイトなのです。

ちなみに、僕らYGPのプロジェクトも掲載いただいておりますので、少しだけ宣伝。
応援よろしくお願いしますー!

【88プロジェクト】

かまぼこ板

  










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

nokkun1230

愛媛県八幡浜市生まれ。山口大学卒。 高校時代に商店街活性化を目的にしたお店「AKIND」(あきんど)を開店したことがきっかけで、地元が大好きになる。 大学卒業後、帰郷し地域金融機関に勤める傍ら、八幡浜を元気にすることを目的にした「NPO法人八幡浜元気プロジェクト」の代表、ローカルWEBメディア「KITONARU」編集長などを務める。