天球体で自動撮影するカメラ「THETA(シータ)」が日本で発売!




一瞬、スタイリッシュなデザインのドラム型洗濯機が発売された!?と思ったのですが、いえいえ、これ、「カメラ」です!

「THETA」(シータ)

THETA

まさか、あのRICOH(リコー)が、白物家電を作っているわけもなく(いや、そんな意外性があってもこれからはおもしろいけど)、360°天球体で撮影できる小型軽量のカメラのようです。

THETAカバー

アメリカ、イギリス、フランス、ドイツに続き、いよいよ日本でも発売です!

スペック詳細は以下。

THETA仕様

1回シャッターを切るだけで、撮影者を取り囲む全天球のイメージを簡単に撮影して、スマホに転送。そして、今となっては当たり前のSNS(Facebook・Twitter等)に投稿ができます(ただ、今のところiPhoneのみの対応のよう)。

30秒ごとに1枚自動撮影してくれるということなので、パーティやイベントなどで仕掛けてみるとおもしろそうですね。

この手の商品は、使用シーンをいかに想像させるか・・・にかかってるんですよね。具体的な使用シーンを想像できる人は、買いたくなる(試してみたくなる)気がします。

画質こそ期待はできませんが、自分撮りしたい! ちょっと変わった写真を撮ってみたい人は試してみる価値はあるかも(マニュアル撮影など、詳細な設定ができないので、カメラの質に拘る人は、やめておいた方がいいかもしれないですね)。

僕は、これからの忘年会やクリスマスイベントなど、ここぞというみんなの笑顔を「天球体」でがっつりと収めてみたいです。

THETA天球体

お!11月8日(金)!
もう発売されている!

ガジェット好きな、僕を誘惑する商品がやってきました。
うー!ボーナス入ってから、財布と相談です(笑)

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

nokkun1230

愛媛県八幡浜市生まれ。山口大学卒。 高校時代に商店街活性化を目的にしたお店「AKIND」(あきんど)を開店したことがきっかけで、地元が大好きになる。 大学卒業後、帰郷し地域金融機関に勤める傍ら、八幡浜を元気にすることを目的にした「NPO法人八幡浜元気プロジェクト」の代表、ローカルWEBメディア「KITONARU」編集長などを務める。